スキップしてメイン コンテンツに移動

【基本】スライド内にテキストや図形などの「物」を追加する

Keynotesp img 11

Keynoteでは、色々な「物」を使いスライドを作っていく事になります。 文字、写真、図形など、いろいろな物を組み合わせてスライドを作っていくのです。

KeynoteやPagesなどのiWorkアプリでは、これらの物のことを合わせて「オブジェクト」と呼んでいます。 ここでは、オブジェクトを追加する方法について学んでいきます。

Keynoteで主に扱うオブジェクトは「文字」「画像」「図形」「表」「グラフ」の5つ。

そして、「文字」「画像」「図形」で事足りる事がほとんどです。

まずは、文字と画像、図形を使ったスライドシートの作り方をマスターしていきましょう。

このブログの人気の投稿

誰でも簡単すぐ出来る / Keynoteだけで素材の色を変える方法

自分で探す、あるいは購入する素材って、自分好みの色じゃない事が多かったりしませんか?あるいは、自分で素材を作ってみたんだけれど、あとで色を変えたいと思った事はありません?今回、僕はマスキングテープ風の素材を作ってみたのですが、苦労してようやく1つ作ったあと、色々な色に変えるまでの気力はありませんでした。ですが、実を言うとKeynoteの「ある機能」を使うと、簡単に色を変える事が出来るのです。その「ある機能」とは、「イメージ調整機能」です。

Keynoteで「半透明の塗りつぶし」の図形を描写する

僕はスライド中に写真を全面表示させる場合、上図のように文字周りの色合いを若干変化させるのですが、この「半透明→不透明」の塗りつぶしのやり方を教えてほしいという声をよく聞きます。これ、KeynoteだけでなくiWorksで共通の操作なのですが、半透明のグラデーション塗りつぶしが意外と使えるので今回は動画で作り方を公開します。

【基本】ブレないプレゼンはまず芯から / プレゼンの構想を練るための3つのフレームワーク

こんにちは。藤本高司です。今日はプレゼンの構想を練るためのフレームワークについてお話しします。プレゼンの構想を練るためによく使っているフレームワークが3つあります。一つ目が、頭の中のアイデアを洗い出す「フィンランド・カルタ」。
二つ目が、プレゼンの芯になる「Presentation Arc」。
三つ目が、プレゼンテーションの流れになる「ストーリーボード」です。