スキップしてメイン コンテンツに移動

シンプルは危険な道

2913 simpre simple 001

最近、「シンプル」という言葉をよく聞くように思います。

シンプルとは、明快かつ一目瞭然の状態となっていることです。

一見、シンプルは簡単そうに見えます。
物事を単純化すれば実現できそうですからね。

ですが、シンプルにすることは、実はそう簡単な道ではありません。




2913 simpre simple 002

IDEOのCEOティムブラウンの提唱する"デザイン思考"のプロセスの中に、「発散的思考」と「収束的思考」があると語っています。 前者は、アイデアを際限なく広げていく事。 後者は、そのアイデアから重要なことだけ残し、あとは捨てていく事です。

この行程が無いと、シンプルではなく、単純なものしか生まれません。 様々な方向のアイデアをだし、様々な角度で検証する事で、独創的なアイデアが生まれるからです。

発散的思考でアイデアを出すのはそこまで難しくはないです。 可能性を広げていく事に失敗はありませんから、どんどん突拍子もないものを出していけばいいのです。

そうして様々なアイデアを出すと、選択肢は広がります。

選択肢は、増えれば増えるほど、複雑化していきます。

そのまま形にしてしまうと、複雑で難解なものが出来上がってしまうでしょう。
選択肢を増やしたら、「収束的思考」で選択肢を少なくする必要があります。

2913 simpre simple 003

選択肢を減らす事は、簡単そうに見えて実は難しいです。

せっかく出したアイデア。
それに対する執着心もあるし、それをなくす事で何が起こるかわからないという恐怖心もあるでしょう。

捨てる事は、いつも「失敗」と隣り合わせだと感じてしまうのです。

だが、その執着心からいつかは離れなければなりません。
自分が本当に実現したい事のために、必要のないものから捨てていく。

こうして真のシンプルさが残っていくのです。

2913 simpre simple 004

「イノベーションのためには(本当は必要の無い)1000の事にNoという必要がある。」
これは、Appleの元CEOであるジョブズ氏が、NikeのCEO マーク・パーカー氏に贈った言葉だそうです。

本当に大切な事を成し遂げるためにとことん捨て続けたからこそ、Appleのシンプル主義は完成されたのでしょう。

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学 Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学
ケン・シーガル,林 信行,高橋 則明

NHK出版
売り上げランキング : 657

Amazonで詳しく見る

このブログの人気の投稿

誰でも簡単すぐ出来る / Keynoteだけで素材の色を変える方法

自分で探す、あるいは購入する素材って、自分好みの色じゃない事が多かったりしませんか?あるいは、自分で素材を作ってみたんだけれど、あとで色を変えたいと思った事はありません?今回、僕はマスキングテープ風の素材を作ってみたのですが、苦労してようやく1つ作ったあと、色々な色に変えるまでの気力はありませんでした。ですが、実を言うとKeynoteの「ある機能」を使うと、簡単に色を変える事が出来るのです。その「ある機能」とは、「イメージ調整機能」です。

Keynoteで「半透明の塗りつぶし」の図形を描写する

僕はスライド中に写真を全面表示させる場合、上図のように文字周りの色合いを若干変化させるのですが、この「半透明→不透明」の塗りつぶしのやり方を教えてほしいという声をよく聞きます。これ、KeynoteだけでなくiWorksで共通の操作なのですが、半透明のグラデーション塗りつぶしが意外と使えるので今回は動画で作り方を公開します。

【基本】ブレないプレゼンはまず芯から / プレゼンの構想を練るための3つのフレームワーク

こんにちは。藤本高司です。今日はプレゼンの構想を練るためのフレームワークについてお話しします。プレゼンの構想を練るためによく使っているフレームワークが3つあります。一つ目が、頭の中のアイデアを洗い出す「フィンランド・カルタ」。
二つ目が、プレゼンの芯になる「Presentation Arc」。
三つ目が、プレゼンテーションの流れになる「ストーリーボード」です。